頭髪のミニチュア化という現象をご存知でしょうか?

これは東京医科歯科大学の研究チームが加齢による薄毛・脱毛の仕組みを明らかにした過程で示された現象です。 今回は、この毛包のミニチュア化とそれに伴うミニチュア化した頭髪について取り上げたいと思います。
ちなみに今回採り上げるミニチュア化した頭髪は、抜け毛の中で確認することができます。 抜け毛のなかに、極々小さな頭髪が存在していませんか? それがまさにミニチュア化したものなのです。 ミニチュア毛ともいうそうですが、これは成長するまえに抜け落ちてしまった頭髪で、特徴としては髪の毛自体が細く、先が尖っているそうです。

参考:東京医科歯科大学 西村栄美 教授 http://www.tmd.ac.jp/press-release/20160205/index.html

加齢による薄毛や脱毛の仕組みを解明

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の松村寛行助教、毛利泰彰特任助教、西村栄美教授らの研究グループは、マウスを使用した実験において、加齢に伴う薄毛や脱毛の原因が、幹細胞が老化して維持できなくなりフケや垢とともに皮膚表面から脱落していくことによるもので、その結果として毛を生やす小器官が段階的にミニチュア化(矮小化)するため薄毛や脱毛がひきおこされることをつきとめました。

歳を重ねることで毛包幹細胞においてDNAのダメージが蓄積すると、幹細胞維持に必要な蛋白質の分解がひきおこされ、毛包幹細胞が表皮角化細胞へと分化しながら皮膚表面へと移動して落屑していくため、毛包が小さくなり消失することを見つけたというのです。

頭髪のミニチュア化は薄毛進行のサイン

まずミニチュア化した頭髪ですが、抜け毛のなかに発見した段階では、もうすでに進行が進んでいる状態であると言えます。 前段階ではまず、髪の毛のコシや艶がなくなり、徐々に細くなっていきます。 それを気づかず放置し、状態が進行してしまうと、成長しきるまえに髪の毛が抜け落ちてしまう。これがミニチュア化した頭髪の正体であると考えられています。

その原因はAGAなのか、別の何らかの理由によるものなのかは不明です。 毛包のミニチュア化が原因なのだとすれば、考えられるのは毛包・毛母細胞の栄養不足です。
つまりは頭皮下にある毛細血管の弱体化が想定されます。
では、その弱体化の原因は? 現段階では明言できませんが、まずAGA(男性型脱毛症)由来によるもの、もしくは栄養不足やその他の理由によるものが考えられます。 ミニチュア化した頭髪の多寡による原因の解明は難しく、それが多くなったから即AGAだと素人が決めつけるのは早計と言えます。

頭髪の弱体化 その対応策とは

対策と言っても、なにより頭髪が十分に成長していないことが明確であるミニチュア化した頭髪があること自体が問題です。
これを放置していると、薄毛どころかハゲまっしぐらとなりかねません。 頭髪にハリはあるか? コシや艶は? 日々のケアに怠りはないか? 日常的に頭髪や頭皮をいたわる食事法、予防策を講じる必要があることは間違いありません。
それでも抜け毛が気になる方は、男女を問わずどうか専門のクリニックへ相談してみてください。 私は親和クリニック福岡院で無料カウンセリングを受け、AGAであると告げられ植毛(=自毛植毛手術)を行いました。 抜け毛が進行しすぎてしまうと、対応策も狭まってしまいます。
仮にAGAであるのだとしたら、少しでも残っているときに対処することをお勧めします。 何度も申し上げておりますが、頭髪を守りたいのであれば遅きに失することのないよう、 何かしらの手立てを講じることが重要なのです。

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

福岡植毛 調査隊
福岡植毛 調査隊
マスコミ関連で働く40歳代 男性
趣味は、古い漫画(特に松本零士作品)を読むこと。
植毛(自毛植毛)手術を期に人生が好転。
恩返しに髪関連情報提供を誓う。