アレルギー体質の方はちゃんと植毛手術を受けることができるのでしょうか。受けるにあたって、頭皮の状態の変化や毛髪の生着率がかなり気になると思います。 私も気になり自毛植毛手術の前に、福岡県博多の植毛クリニックの医師などに色々質問したり、文献で調べました。 皮膚炎等も含め体質的にアレルギーが出やすい方の植毛について説明します。

アレルギーとは?

アレルギーは、あるものに対して過敏に反応する状態です。免疫反応が関係します。免疫とは体を守るための防御システムです。もともと生き物がきちんと持っている自然免疫と、何らかの刺激をここに受け、新たにできる獲得免疫があります。 アレルギーについて、ですが良くわかっていること。それは獲得免疫の中のIgEという抗体が関係する反応です。IgEは細菌やウイルスに対する抗体と違い自然界のなんでもない物質、ダニや花粉や食物タンパクに対してできてしまいます。

体内にこれが増えると、その物質(アレルゲン)に対して、とても敏感に反応してしまうのです。 アレルギー体質はなんと、このIgEを作りやすい体質。遺伝的にかなり決定されます。感作されている=病気ではなく、IgEとアレルゲンが反応してなんと初めてアレルギー症状を起こすのです。 アレルギー体質に、これが環境の悪化因子が作用して病気が発症、もしくは病状が悪化するのです。体質は当然ですがなかなか変えられません。何が悪化因子かを知り、環境を整えることでアレルギーの病気は発症を予防できたり、症状を軽くすることができます。 何がアレルゲンになるか、どういう反応がここにおこるかは、年齢によっても、個人でも違います。どこにどんな反応がおこるかによっても病気が違います。反応は、ちょっとした何ともないぶつぶつから、深刻なショックまで幅広くさまざまで複雑です。幼児の場合は、腸の中で食物アレルゲンをきちんと処理して、体が受け入れる(寛容)ようになると、成長とともにアレルギー反応をまったくおこさなくなることがほとんどです。 現在増加している花粉症は、ここに飛んでくる花粉に毎年少しずつ体内のIgEが増えていき、ある年になんと、鼻や目にアレルギー反応がおこります。これが花粉症なのです。昔はこれは成人の発症でしたが、最近はなんと幼児での発症も増えてきました。

敏感肌の自毛植毛

さてここから本題です。アレルギー体質で敏感肌の方でも植毛手術は可能なのです。アレルギー体質であることと自毛植毛手術自体の成否は因果関係はありません。
けれども手術段階で、頭皮が炎症を起こしていたり化膿していたりすると話しは別です。手術を行うこと自体がかなり難しくなります。手術時に出血しやすくなるためです。
手術後も、頭皮が化膿や炎症をかなり起こし、生着率がとても悪くなる恐れがあります。皮膚に疾患をお持ちの方でもカウンセラーや医師とよく相談し、体調が優れていて、頭皮の状態がきちんと良好な時期に手術日程を決めましょう。
麻酔や抗生物質などへのアレルギーをお持ちの方もいます。カウンセリング時にどんな些細なことでも相談してみましょう。

アトピー性皮膚炎の方

アトピーの方は多いです。アトピー性皮膚炎は、これは皮膚に異物が付着することにより発症します。基本的には、植毛による刺激でアレルギー症状が突然、発症することはないそうです。 頭皮の状態がかなり荒れていなければ手術自体は可能です。アトピーと一言で言っても症状の重さは人それぞれ。医師とカウンセリングを行い手術の日程を決めましょう。

専用のお薬をかなり使用されている方は、事前にこちらにご相談ください。植毛の手術後も皮膚科で処方されているお薬などは基本的にはご使用いただけるとのことです。術後は患部が気になるかと思いますが、直に刺激を与えることは控えた方が良いです。

まとめ

アレルギーの場合は事前に医師らに申告することが最も大切なことだと、私が植毛手術をした福岡県博多の親和クリニック福岡院の先生はおっしゃっていました。アレルギー症状は人によって程度が異なるからです。 まずは電話等でお問い合わせた後気軽に相談してみましょう。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

 

投稿者プロフィール

福岡植毛 調査隊
福岡植毛 調査隊
マスコミ関連で働く40歳代 男性
趣味は、古い漫画(特に松本零士作品)を読むこと。
植毛(自毛植毛)手術を期に人生が好転。
恩返しに髪関連情報提供を誓う。