AGAの影響により頭髪が薄くなってしまった。 このような場合、何も手立てを加えないとハゲは拡大の一途をたどることになります。 ハゲを受け入れるのであれば放置するという選択でOKなのでしょうが、ハゲを受け入れられない、何としても頭髪を取り戻すという強い意思をお持ちであれば、採る手段はカツラやウィッグなどの装着、発毛剤の塗布や発毛薬の服用、そして私が行なった自毛植毛手術。これらの手段を実行することになるでしょう。  

カツラやウィッグの装着は、時間が経過するごとにメンテナンスや総入れ替えが必要なので、私は選択肢から除外しました。 発毛剤や発毛薬は、術前に当時の市販品を試してみましたが、私にはその効果が認められなかったため諦めました。

そして私が採った最後の手段が、親和クリニック福岡院での自毛植毛手術だったというわけです。 おかげで現在では頭髪がグングン育ち、ハゲの悩みから解放されています。

自毛植毛手術と言っても手法は様々

  自毛植毛手術とは、その名のとおり自分の頭髪を自分の頭部に植え付ける、つまり移植する手術です。 AGAの影響を受けない側頭部や後頭部から移植株(毛包)を採取し、ハゲてしまった部位に 一株ずつ植え付けていくこと。これが大雑把に言った手術の概要です。

自毛植毛手術で、移植する株を採取する方法は2種類に大別されます。 後頭部や側頭部の頭皮を広範囲にわたってメスを使いシート状に切り取り、切り取った皮膚から移植用の株を採取する方法、FUSS法と呼ばれています。もう一つは、頭皮を切り取ることなく、側頭部や後頭部の株をひとつひとつくり抜くようにして採取するのがFUE法です。

前者は、皮膚を切り取った部位は上下の皮膚を引っ張って切り口を合わせ、そこを縫合して処置します。この術式の場合、どうしても皮膚をきりとった後をぬいあわせるため、横一線に縫い傷ができてしまいます。そのため、どうしても突っ張るような違和感が出てしまうという意見も散見します。

一方、後者のFUE法は、専用の器具でくり抜くため、採取跡が目立たないのが特徴です。また、移植するのに必要な数だけ採取するので、摂りすぎるということもありません。 デメリットとしては、やや時間がかかるということぐらいでしょうか。もちろん、採取した箇所はそれ以降、頭髪が生えてくることはありません。 しかし、クリニックやドクターの手腕にもよりますが、採取跡はごく小さなもので、しかもバランスを考慮して採取するため、周囲の頭髪が伸びた状態では何ら違和感を覚えることはありません。  

MIRAI法のメリット

  切らない術式のFUE法を独自に進化させたのが、親和クリニック福岡院のMIRAI法です。

より患者の負担を軽くし、自然な植毛を実現させるべく、オリジナルで開発した国内最小級の0.63-0.65mmのマイクロパンチブレードを使用して移植株を採取します。 これにより、移植株の周囲はごくわずかな範囲でしか皮膚が切り取られず、目立ってしまうこともありません。 また適切な移植株の採取と、その後の素早い移植により、高い生着率を実現しています。 植毛したほとんどの頭髪が生着し、術後は生え変わり続けるといいます。  

後頭部や側頭部にある移植株は「状態の良いもの」というものがあるそうです。 これらの判断は長年の経験によりドクター自身が身につけるものだそうで、目視による見極めや、1本1本で異なっている生え癖を指先の感覚で判断し、株の細胞を壊さないように採取する技術は、まさに人の手による手術ならではなのだとか。

  親和クリニックの医師は全員が外科出身なため、精密で繊細な手術を行う技術を持っているそうです。 まさに職人技とも言うべきこの技術力が、高生着率を実現し、最終的な仕上がりやデザインの満足度を高めています。    

まとめ

  薄毛やハゲに悩み、自毛植毛という手段にご興味をお持ちでしたら、ぜひとも無料カウンセリングに申し込んでみてください。 無料ですので、時間を割くだけでご自分の頭髪の状況、これからの展望などをよく知ることができます。

 親和クリニックの公式サイトはこちら

 

投稿者プロフィール

福岡植毛 調査隊
福岡植毛 調査隊
マスコミ関連で働く40歳代 男性
趣味は、古い漫画(特に松本零士作品)を読むこと。
植毛(自毛植毛)手術を期に人生が好転。
恩返しに髪関連情報提供を誓う。