食事で薄毛が改善するということはあるのでしょうか。結論から申し上げますと、食事では薄毛の劇的な改善というのは望めません。大きく改善したい場合には自毛植毛が一番です。そこであえてそれでも一つあげるならと紹介するのが今回です。薄毛に効くかもしれない食事メニューと言われているのが育毛味噌汁です。その理由に迫っていきたいと思います。私が福岡県博多区の自毛植毛クリニックの医師から聞いた、知識についてご紹介していきます。

育毛の食事メニューについて

この味噌汁はあくまで食事のメニューの一つです。育毛味噌汁という名称ではあっても、このような名称の製品が市販されている訳ではないのです。
さて、この味噌汁がどのようなものかと言うと、単純に、唐辛子と豆腐を入れた味噌汁なのです。唐辛子と豆腐には薄毛予防効果があるとされる成分が含まれているといいます。単純にこれらの食品を含めた味噌汁を飲めば、薄毛が予防できるかもしれないという訳なのです。

なぜ唐辛子と豆腐なの?


説明します。ここには育毛に効果があるというIFG-1があります。IGF-1は、エイジングケアや、重病の予防でも聞いたことあると思われます。
つまりIGF-1を増やすのがCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)。ということはCGRPを生成しIGF-1を増やすと、ヘアサイクルをしっかり整えます。薄毛予防&育毛効果に繋がるらしいということなのです。

このCGRPの生成に作用するのが「カプサイシン」。カプサイシンは皆さんご存じかと思いますが唐辛子などの食品に多く含まれます。カプサイシンは一定量生成されるとなくなる性質があります。そしてこれを補うのが、豆腐などの大豆食品に非常に多く含まれる「イソフラボン」です。
上記理由から、カプサイシンとイソフラボンを同時に接種すること、つまりは唐辛子と豆腐を同時に摂取することが肝とも言えます。

育毛味噌汁は注目されているか

育毛味噌汁は注目されているといえます。その理由は効果を得やすい、お手軽という理由みたいです。
また、もうひとつは普段の食事で手軽に食べられること。唐辛子と豆腐を普通に味噌汁に混ぜて食べるだけ。育毛剤みたいに手間やお金の出費がほとんどありません。手軽さも要因だと思います。

作り方

味噌汁を作り、そこに唐辛子と豆腐を入れるだけなのです。
唐辛子2g程度、豆腐1丁200g程度が目安。極端な配分をすると、カプサイシンと、イソフラボンの効果が得られないという可能性もあります。

薄毛が気になっている方は食べてみて下さい。

自毛植毛について

自毛植毛は、自身の毛髪を採取し、薄毛部分に移植する治療法なのです。

 

自毛植毛と比べる違い

人工毛植毛は、合成繊維で作られた人工の髪を薄毛部分にしっかりと移植するものです。

自毛植毛と人工毛植毛の主な違いは2つ。まず、自毛植毛は拒絶反応がほぼないのです。そして自毛植毛で移植するのは自分の髪なのです。つまり当たり前ですが拒絶反応が出ることはほぼありません。人工毛は人体からすると異物。人工毛植毛後は免疫反応で、頭皮が炎症を起こしたりします。これで感染症に発展してしまう可能性もあります。

2つ目は、自毛植毛ならほとんど定期的なメンテナンス不要です。植毛した髪がしっかり頭皮に生着すると、あとは普段通りに生活するだけ。ほとんど特別なケアは特に必要ありません。しかし人工毛植毛は、時間の経過で自分の髪が伸びたときにかなり見た目の違和感が生じます。そのため定期的にきちんとメンテナンスしなければ、ヘアースタイルを思い通りに維持することができません。

 

 

まとめ

作り方もとても簡単な育毛味噌汁。皆さんもぜひ作ってみてはいかがでしょうか。ただこの効果については個人差があり、何が正しいというものではないので、ご了承ください。ここでは単純に成分が育毛に効果のあるものが入っている。その程度の認識で良いと思われます。

つまり普通に食べるだけでもこの育毛味噌汁はおいしいのでおすすめです。薄毛についてお悩みの方は福岡県博多区にある親和クリニック福岡院などの植毛クリニックにご相談することをおすすめします。

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

福岡植毛 調査隊
福岡植毛 調査隊
マスコミ関連で働く40歳代 男性
趣味は、古い漫画(特に松本零士作品)を読むこと。
植毛(自毛植毛)手術を期に人生が好転。
恩返しに髪関連情報提供を誓う。